東海大学札幌キャンパス硬式野球部

2021年度 スローガン

「 One 〜 Chance + Try ~」


2021年度 スローガン

「 One 〜 Chance + Try ~」

試合日程

  • 記事はまだありません。

一覧で見る

最新の試合結果

一覧で見る

- 速報 -

  • 春季リーグ戦 第2節中止のお知らせ
    2021/05/14 13:59

    新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、春季リーグ戦2節が中止になりました。
    詳細につきましては、札幌学生野球連盟のホームページの方に記載されていますので、ご確認ください。

    今後とも応援よろしくお願いします。

    9回裏 東海大学の攻撃
    2021/05/11 15:35

    4 浦 田 四球 0死1塁  代走 笹川
    5 藤 本 ニゴ 1死1塁
    6 川 﨑 投犠 2死2塁
    7 国 武 中安 
    サヨナラタイムリー!!!!!

    試合終了
    札幌大学0-1東海大学

    9回表 札幌大学の攻撃
    2021/05/11 15:31

    札幌大学選手の交代
    5 鈴木 → 影山
     影 山 ニ安  0死1塁 代走 佐野
    6 市 川 投犠  1死2塁
    7 塩 沢 ニ飛  2死2塁

    札幌大学選手の交代
    8 小坂 → 対馬 
     対 馬  左安 3死

    9回表終了
    札幌大学0-0東海大学

    8回裏 東海大学の攻撃
    2021/05/11 15:15

    1 平 野 空振
    2 鈴木豪 空振
    3 宮澤晃 空振

    8回裏終了
    札幌大学0-0東海大学

    8回表 札幌大学の攻撃
    2021/05/11 15:10

    2 出町 一ゴロ
    3 遊佐 空三振
    4 川上 三ゴロ

    8回表終了
    札幌大学0-0東海大学

詳しくはこちら

施設紹介

施設紹介リンクのイメージ 施設紹介リンクのイメージ
選手紹介リンク_イメージ01

選手・スタッフ紹介

選手紹介リンク_イメージ02

選手・スタッフ紹介

選手紹介リンク_イメージ02

監督・部長の紹介

  • 部長挨拶
  • 監督挨拶

  • 部長からの挨拶
    • 東海大学札幌キャンパス硬式野球部は、勝利至上主義を排し、クラブ活動を通じた人間形成を目標としています。 グラウンドでのパフォーマンスそのものよりも、それを生み出すための組織力を重視します。当クラブにはベンチに入る部員、スタンドから応援をする部員、 学生コーチやマネージャーとしてチームの運営を担う部員がいます。これらの役割すべてが、チームとして組織力につながっています。
      故に、私たちのチームは、勝敗という軸を超え、部員一人一人が抱く野球に対する熱意を組織力というパワーに変えられるよう鍛錬することを誓います。

      このホームページをご覧いただきました方々におかれましては、是非球場に足をお運びいただきまして、チーム一丸となって戦う東海大学札幌キャンパス硬式野球部の試合をご観戦いただけますようお願い申し上げます。

      部長 平木 隆之

  • 監督からの挨拶
    • 本学野球部は人作りという目的に向けて皆で日々努力していきます。昨日までの過去は変えられません、 明日に未来を繋げていくには、「今を 今日をどう生きるか」をチームの課題にし、個々の取り組みが結束して大きな力・組織となるよう取り組んで行きます。
      昨秋の明治神宮大会で、初戦は大阪商業大学に接戦で突破しましたが二回戦の東京六大学野代表の慶應義塾大学には完敗を喫しました。 チーム、スタンドが一丸となり立ち向かってる雰囲気には伝統の差を感じました。

      皆で「切磋琢磨」し追い越せるよう、選手・スタッフ一丸となり頑張りますのでよろしくお願いします。

      監督 日下部 憲和

主将・副主将の抱負

  • 昨年の借りを返すために、選手一同、一丸となり、取り組んできました。 今年度の私たちは「挑戦者」です。 泥臭く1球を必死に追いかける姿、1球にかける強い思いをグラウンドで表現します。
    今年度のスローガンは「One〜Chance+Try~」です。 チャンスをつかむため、1つ1つを大切にし、細部にこだわります。 訪れたチャンスで結果を残す為、勇気をもって踏み出します。
    野球ができることに感謝して、ワンチームで戦い、強い東海大学の姿をお見せします。 今年も熱いご声援の程、よろしくお願いします。

    主将 宮澤 晃汰

  • 昨年の悔しい思いを忘れずに、練習に取り組んできました。 特にこのオフシーズンは、バッティングに力をいれ、様々な取り組みをしてきました。 今年の東海打線は、切れ目がなくどの打順からでも点の取れる、力強い打線です。 これまで取り組んできたことをチームとして発揮し、ラストシーズンにすべてをかけて戦います。 楽しく、明るく、笑顔でグランドを駆け回る姿をご期待ください。
    世界中が厳しい状況にある中、「野球ができることが当たり前ではない」ということを忘れずに、感謝の気持ちを持ってプレーします。 ご声援の程、よろしくお願いします。

    副主将 浦田 純平

  • 「すべてが当たり前ではない…」この言葉が本当に身に染みる1年になり、とても悔しい年でした。 このような状況で、野球ができることに感謝の気持ちを忘れずに、ワンチームで戦い、強い東海を復活させます。
    支えてくださるすべての方たちに、勝利を届けることで恩返しをすることを約束します。 笑って終われるように、全力を尽くします。応援よろしくお願いします。

    副主将 鈴木 豪太

東海大学 札幌キャンパス

〒005-0825
北海道札幌市南区南沢5条1丁目1-1

tel. 011-571-5111

東海大学 札幌キャンパス

〒005-0825
北海道札幌市南区南沢5条1丁目1-1

tel. 011-571-5111